医療法人啓紘会こまつ歯科医院
医療法人啓紘会こまつ歯科医院電話をかけて予約する

虫歯について|こまつ歯科医院

虫歯は自然にならない

虫歯(う蝕)は感染症です。お口の中には様々な細菌が常在しており、中でもミュータンス菌と呼ばれる細菌は虫歯を作り出すのに大きな役割を担っており、これらの菌は糖分(砂糖)を吸収する事で酸をはき出し、歯を溶かす事で虫歯は進行すると考えられています。

簡単に言うと、砂糖で虫歯は作られます

特に幼少期から10代の、萌えたての歯などは柔らかく、非常に虫歯が出来やすい時期であると言えるでしょう。



状態に合わせた適切な治療が必要

ごく初期の虫歯であれば、唾液の力で溶かされた歯を修復(再石灰化)させる事も出来ますが、進行した虫歯は悪化する一方です。状態に合わせた適切な治療を行わなければ、後々大ごとになっていくでしょう。

歯はむやみに削る物ではありませんが、治療せざるを得ない状況にまで進行した虫歯を放置する事だけは避けて下さい。


早期発見と定期管理、そして生活習慣を整えよう

完全に虫歯を駆逐する事は出来ませんが、出来るだけ早期に虫歯を発見して定期管理を続ける事で虫歯リスクは減らせます。糖分の摂取回数を減らして丁寧なブラッシングを心がけるなどすれば更にリスクは減らせるでしょう。虫歯になりにくい習慣を持つ事は大切な事です。

ある研究では、定期的に歯のチェックを受けている人と受けていない人とでは、数倍から数十倍も虫歯リスクに差があったそうです。虫歯対策の基本は虫歯にそもそもならない事。その為には定期検診と普段の生活習慣を整える事をお薦め致します。

虫歯になりにくい7つの生活習慣

チェック1 定期検診を受けている。
チェック2 ブラッシング指導を受けた。
チェック3 フロスを使用している。
チェック4 定期的に歯ブラシを交換している。
チェック5 寝る前に歯みがきしている。
チェック6 間食が少ない。
チェック7 口呼吸していない。

定期検診を受けましょう。

次にしい歯の磨き方をマスターしましょう。生活習慣を見直す事が出来れば虫歯になりにくいお口の環境になれるはずです。

医療法人啓紘会こまつ歯科医院診療時間TELをかけて予約する